店舗内装デザイン(狭小地フラワーショップ事例)|、

店舗づくりに関わる業者検索サイト「賑わいシゴト」

誰に依頼すれば良いのかわからないを解決!
デザイン・設計・デコレーション・セールスプロモーション
イベント・施工・制作・製造・商品開発・店舗運営など
「賑わい」や「お店づくり」に関わるあらゆるシゴト(仕事)を
シゴト記事からプロを探してお見積依頼や相談が出来る便利サイト
検索~依頼の流れ 掲載~受注の流れ
シゴトを依頼したい
パートナー探しをコーディネーターに依頼
パートナーをシゴトから探す
パートナーを最新記事から探す
新規会員登録
シゴトを受注したい
パートナーログイン
新規パートナー登録
賑わいシゴトTOP > シゴトから探す > 店舗・イベントデザイン&施工 > 店舗内装デザイン(狭小地フラワーショップ事例)
店舗内装デザイン(狭小地フラワーショップ事例)
記事コード:115
店舗内装は見た目のデザイン性だけでなく機能的に仕事をする空間を創造するシゴト。
「単なるお店を作るのではない、繁盛店を作るのだ」という思いが原動力。
都内一等地狭小店舗展開の人気のお花屋さんの改装事例。
シゴト概要
店舗内装デザインと同時に仕事をする空間を創造
都内某所で多店舗展開をしているお花屋さんの改装。
シゴトのコンセプトやクライアントの要望
当時15店舗ほど駅構内などそう簡単には出店できない場所に優先的に出店できる力のあるお花屋さんの改装事例。

「各店舗によって、テーマがばらばら、コンセプトがばらばらという事で、それをなんとかしたい」というお話が始まりです。
こちらのお花屋さんとの出会いのきっかけは、過去に施工した横浜の天麩羅屋さんのオーナー様からのご紹介とのことです。

********************************************************

店舗デザインに際し、見た目のデザイン性以上にお客様がストレスなく本業ができるようにしていくには、私たちは何をしたらいいのだろうということを一番大事に考えます。
できる範囲でお店の売り上げや収益の計画等がどうなっているのか、より深い所まで伺っていきます。行き過ぎてしまうかもしれませんが、でもそこを聞かなければトータルで提案は出来ません。オープン後のことも含めてこちら総合的に提案をしていくために、施主様とできる限り深い所まで付き合っていく事を大事にしています。

その上で要望をパーツにして、組み立てた図面を作り提案していきます。
デザイナーとして格好よさの追及、ここは曲げられない、とお客様に意見するということも重要な仕事ではありますが、デザインが独りよがりにならないよう敏感に察して汲み取っていくことを常に心がけております。確かに格好よさはお客様も求めてる。しかし格好良さは収益につながる格好よさや売上やコストダウンにつながる格好よさに繋がらなければいけない。最終的にお客様にデザイン性も機能性も含め、「依頼してよかった」と気に入っていただけなければならない。

キャッシュフローも店単体で考えていき出店計画を立て、このお店を旗艦店舗にして枝分かれをして、旗艦店舗を中心として全体でどの位のキャッシュが生まれるのだろうかという事を、しっかりと考えて、シビアに捉えてご提案していきます。
作るだけではなくて、作った後が本当の勝負で、その後うまくやれてこそ、我々の仕事の本当の成功だと思いますね。
こだわりのポイント
今回お花屋さんですが、商材というものがお花、生花、雑貨です。
お花は季節によって色々と様変わりします。
それが陳列した時に煩雑にならないように、購買意欲が高まるような、店舗を見たときに「素敵だね」「綺麗だね」と思える雰囲気が出せるようにしたいというのが第一にありました。

お花は身近なようでいて一般的なライフスタイルの中では実際に節目の時にしか見ないものだと思います。その非日常的なお花をもっとフランクな訴え方で魅せていく。購買意欲を日常的にしていく、生活の中でお花がそばにあるような、すっと心に入ってこれるような魅せ方が出来るお店を目指します。

特に花の色合いを魅せる部分でライティングはこだわりました。

お花屋さんっていうのは、壁に何かをかけたりゴテゴテと装飾をするわけでなく、お花を陳列するのが主になります。陳列したものを魅せていく部分ではライティングの意味は凄く大きく、照明器具メーカーさんとかなり入念に打ち合わせしました。

白いライティングがいいのか暖色系のものか、光がちらばるように広がるライトにするのか、一か所集中で照らすスポットライト的なものにするかによっても雰囲気は変わります。
照明の高さによっても広がり方、色の出かたは変わります。ランプの位置なども含めて、かなりここは詰めています。

スペースが大きい小さいというのは、私どもはその与えられたスペースでどう表現していくかがお仕事なので、その状況下で最大限の演出が出来るかどうか、そういうところもこだわってやっていきます。

また、限られたスペースの中でお花や雑貨などを買わせるための導線作りも重視しました。
やはりお客さんが実際に中に入り回遊し、自然と歩くたびにわくわく感を感じ購買意欲がわいてくる、ような導線作りがこうした店舗の肝となります。

今回のクライアント様はマーケティングにも力を入れておられて、店舗の周辺の施設や人口の年齢層などもかなり調べていて、それによって、売られてるお花も地域によってかなり変えています。もちろん周りにお寺とかお墓が多ければ、こういう花とは別のお供え物としてのお花とかも売ってたりと。それによって店舗の作りも変わりますのでヒアリングは重要です。
周りの店舗がどのように移り変わっていったのかという所も凄くヒントになりますので、そういうマーケティングの調査っていうのは私どもサイドでもやらせて頂く、それがやはり重要なんです。

なにより私たちの自負として「単なるお店を作るのではない、繁盛店を作るのだ」という命題があるので、これは絶対売上につながらない、っていう場所に作ってしまうのは絶対にNGでやっていきたいというのがあります。
現時点で私どもが手掛けたお店でつぶれたお店は一件もありません。
自信と完成度
什器についても限られた中でどう機能的にできるか。

お花屋さんっていうのは、ラッピングが色々あるんです。包装紙だとか、リボンとかフィルムだとか。そういうものをこの店でセレクトしたお花をその場所でやらなければいけないというお店の方のことも考えて、什器はもちろん全部特注になりました。ラッピング作業台については今回このお店に転属される店長さんを呼んで、実際に作業をしていただき、これはこうがいい、ということを徹底的に伺い、深く細かいところまでヒアリングして、作業効率が上がるように作った自信作です。

話をお伺いして、その動きをさらに頭の中でシュミレーションしていきます。
お客さんだったらどう動くかな、スタッフだったらどう動くかなとか、そういう所を頭で考えながらやっていくと、この什器はここだと邪魔だね。とか向きを変えてこうしてとか、そういう場面が見えてくるんです。

そこを打ち合わせしながら、ロープレして一つ一つつぶしていくという作業をしています。

表面の綺麗さ、格好よさなんていくらでも作ることはできます。でも、何十年たっても本質は変わってないはずなんです。変わらない機能性をデザインしていく。

実際に終わった後にアンケートとかは取ってるわけではないのでお客様の満足度について本音をきいたことはないんですけど、一度関わらせていただいたお客様からは継続してその後もお仕事を頂くことが多いです。
リピートとしてお仕事をいただけるということがお客様の満足度につながっているのかなと思います。

今回のお花屋様からは、実際陳列がしやすくなった、お客さんが回遊しやすくなったという評価をいただいています。

「困った時に声かけてみよう」と思いだしてもらえる仕事を積み重ねていきたいと思います。
実施・設置場所
大泉店(新築の駅ビルの中)
製作期間(受注~納品・設置まで)
既存のお客様からのご紹介を経て、初回打ち合わせ

実際に店舗で働く店長様へのヒアリング、導線等確認

プラン提出

新店舗完成
(施工1ヶ月)

今回の施工は、新築の駅ビルへの出店ということで、提出書類など多くソフト面での作業が3ヶ月ほどかかっています。
実際の施工は2週間くらいです。

普通の路面店とかでしたら、打ち合わせからだいたい1か月~1か月半くらいで可能のケースが多いです。

フリーレントが発生せず、最初のその工事からもうすでにお客様の家賃が発生している場合はとにかくできる限り短期での納期を目指します。
大家サイドへ施工中のフリーレントの交渉も協力させていただくこともありますのでなんでもご相談ください。

基本的に、デザイン会社だからデザインしかしない、という仕事のやり方はしません。そういうのをしてしまうとお互いに仕事一つが凄いつまらないものになります。

それがない所でお客様とつながりがあるからこそやれる仕事でもあります。お店一件オープンするにも色々な会社とつながるんです。御絞りやさんや有線、店舗を出すには色々な会社とのつながりが必要です。それらの窓口を私どもで請け負う場合もあります。
予算&金額
今回の案件は約300万円。

予算の金額をまずお伺いしてどういうものを作りたいか、優先順位、そして私どもはその予算の中で何ができるのかをご提案させていただきます。最初のお見積りでの金額と、契約時の予算は基本それほど変わらないくらいの金額で毎回させていただくことが多いです。

お金はかければなんでもできますが、その限られた予算でどう見せるかというのが、デザイン事務所の基本的な仕事でもあります。
この記事のシゴトは
パートナー企業「株式会社スタジオ・ビー・ワークス」が承ります。
シゴトのご依頼方法をお選びください。

記事内容に近いシゴト・関連したシゴトも、ぜひお問い合わせください。
この記事のシゴトは
パートナー企業「株式会社スタジオ・ビー・ワークス」が承ります。
シゴトのご依頼方法をお選びください。


記事内容に近いシゴト・関連したシゴトも、ぜひお問い合わせください。
このシゴトの他の記事
  • 使命は「デザインで店を繁盛させること」居抜き物件はデザインリフォームで勝負!生かせるところは生かしコストを抑え、新築同様の仕上がりとお店の特色を生かした“写真映えするデザイン”を実現します。
    秋葉原で人気の鉄道模型店が客層の多角化に合わせ、増床・フルリニューアル。従来のイメージからの大幅チェンジ。貴重で上質な商品をしっかりと伝えたい、との思いに特注什器とレイアウト提案でお応えします!
    元和食料理屋の居抜き物件を、ヴィンデージ風バルへ新規改装!モルタルと木材を活かし、古い物件を味のあるデザインへ。国内外の店舗デザインを手掛けるデザイナーがチャレンジ精神と遊び心で、大胆な改装、魅せます!
    限られた予算の中で、お店をイメージ通り作り上げていくには、経験とアイデアが必要。小さいスペースでもオーナーの夢を実現することができる、一級建築士のノウハウとは!
    「女性が訪れやすい可愛らしい落ち着いた雰囲気のリラクゼーションサロンを開店したい。」独立したてのオーナーの、初めての店舗づくりをサポート。店舗のデザイン・設計だけではなく、施工までワンストップ。更に不動産探しからオープン後の運営まで相談に乗ってもらえる親身さも魅力。
    持ち帰り専門焼き鳥屋さんが老朽化に伴う立ち退きのため、近隣店舗から移転。移転先は既存店舗より少し広めの小さな居酒屋さんの居抜き物件。既存の道路に面したカウンター対面型店舗のデザインを踏襲し、フロントガラスの無効化・店内外の一体化を実現。
    老舗のお茶屋さんがオフィスにしていたスペースをギャラリーカフェとしてリニューアル。4坪以下しかないオフィスが和モダンの憩いの場所として大変身しました。オーナーさんも大満足するリノベーションを紹介!
    女性オーナー様の夢だったこだわりのカフェをオープン!手作りの果実酒や美味しいコーヒー、身体のことを考えたヘルシーな料理。女性が居心地良い空間演出と機能性を考えた店舗設計はお見事!
    見てほしいポイントやお勧め商品にスポットライトを当てることで際立たせていく手法はよく知られています。このスポットライトが真鍮を使ったアンティーク調のちょっとおしゃれな店内照明になったとしたら?Bar空間にいくつかのスポットをあて、二人だけの世界を創出。
    女性店舗デザイナーによる、大人の女性に向けたコスメセレクトショップの店舗設計・施工事例。アンティーク風の可愛らしい店舗意匠と、来店したお客様にわかりやすいゾーニング&導線の配置のバランスが光ります。人通りの多い道路に面したお店ならではの、ターゲット客獲得のための工夫にも注目!
    坪数200坪、客席数300席の大型イタリアンビュッフェをニューオープン。外装、内装、ロゴ、壁画、デザインにまつわるおシゴト全般承りました。デザイン性はもちろんのコト、導線や予算などにもフォーカス!バランスを大事に、素敵な店舗づくりを目指します。
    金箔をクロスに張り込んだ粘着シートを使用したお手軽な金箔壁装飾。一口に金と言っても、24金仕様のものから、真鍮を混ぜ込んだちょっと抑え気味のシックな金まで、お好みとご予算でチョイス可能。
    「暗闇ヨガスタジオ」の店舗デザイン事例です。イメージはニューヨーク。古い建築とモダンを掛け合わせた、欧米的なデザインがポイントです。16坪という空間でテーマをバッチリ表現するデザインのキモ、お見せします!
    野菜料理の提供、ナチュラルさを売りにした店舗に合った意匠とは?木材とグリーンを使ったデザインで、お店の魅力を伝えましょう。食堂がOL向けレストランに。店舗の雰囲気をガラッと変えるリニューアル!
    店舗デザインはコンセプトやブランドをアピール重要要素。出来る限りこだわりたいもの。しかし、ついて回るお金という現実……。素材やデザインでコストを抑えながら、デザインから施工までトータルでカバー!
    斬新な店舗デザインを具現化するという店舗施工のシゴト。 斬新かつこだわりのあるデザインを採り入れたリニューアル。デザイン性、上質感を大切にしながら実用性、使いやすさと居心地の良さをプラス!
    ブルーが効いた近未来のイメージでまとめたショールームをデザイン&施工。 会社の技術力の高さと歴史を大切に伝えつつ、雰囲気は車好きが集まるアミューズメントパークのように、と仕上げました。
    イメージが安価に偏る可能性を考慮して設置を躊躇されていた少し上級のレストラン様からのご相談に応え、木製で高級感のある茶葉専用ドリンクバー専用什器を企画・設計・制作いたしました。
    都内でも珍しいブランド時計を扱うショップ立ち上げのキーワードは「重厚感」「ゴージャス」。男性的で剛健質実なダーク系のウッディな素材感を多用した落ち着いたインテリアは歴史ある時計の魅力を引き立てます。
    美容室やコスメティック販売店を経営するクライアント様からのご依頼。思い切ったイメージチェンジで新客層にもアプローチ!「女性のテンションが上がる、期待感を持たせられるお店に」をテーマにデザイン。
    イベント制作会社様から「展示会ブース」のデザインと施工図面の制作を依頼され、コンペを経て納品。臨場感がある3Dデザイン画で設計図を作成。通常2案出させていただき、詳細を詰めていきますので安心です。
    アルミは軽い、さびない、非常に優秀な金属。この特性を利用して、重量制限など制限のある店舗のルーフバルコニー部分に庭園を造ります。プラスティックのプランターに不満を感じていた皆様、必見です。
    展示会のブースデザイン・施工図面・設営・撤去まで、ブース設営に関わる仕事を最初から最後まで。スタイルだけでなくリアルで具体的なアプローチに評価を頂き複数社コンペを経て受注。業者手配もお任せください。
    屋内に小屋を作るのがコンセプトのハウスインナー。店舗の中に置いてシチュエーションを演出したフィッティングルーム、プチショールーム、など使い方いろいろ!自分だけのお城、秘密基地的な男性陣の夢にも。
    東京ビックサイト、住宅フェア(住まいづくり展示会)のブース設計。限られたスペース、限られた予算、限られた日数の中での最良の提案をするのがプロ!制作物は転用もできる優れものです。
    住宅地の自宅庭部分に憧れのアトリエカフェを開店したい。住宅地に建てられる?本当にお客さんを呼べるお店はできる?繁盛店を作るプロ、店舗デザイナーによる店舗プロデュースのオシゴト
    ひとつひとつの食材にこだわった焼きたての美味しさが楽しめるベーカリーカフェ日々の食事の大切さを感じて欲しいというオーナーシェフの想いが詰まったお店を設計お客様がくつろげるカフェスペースやスタッフが心地よく働ける空間を意識した店舗デザイン設計のおシゴトを紹介!

賑わい創りの道具や
賑わい.com


株式会社日本演出
内装仕上げ工事業 国土交通大臣 許可(般―24) 第24523号
Copyright © 2006-2016 株式会社日本演出 All Rights Reserved.

東京本社(移転の詳細はこちら)
〒160-0004 東京都新宿区四谷4-13 四谷金子ビル3F
TEL.03-3350-1785 FAX.03-3350-1786
西日本支社
〒540-0012 大阪府大阪市中央区谷町2-2-18 大手前田中ビル9F
TEL.06-7669-5355 FAX.06-7669-5354
会社概要
特定商取引表示
口座開設について
個人情報保護方針
採用情報
お問い合わせ
当社における個人情報の取扱いについて
当社が保有する開示対象個人情報について
東京本社(移転の詳細はこちら)
〒160-0004 東京都新宿区四谷4-13 四谷金子ビル3F
TEL.03-3350-1785 FAX.03-3350-1786
西日本支社
〒540-0012 大阪府大阪市中央区谷町2-2-18 大手前田中ビル9F
TEL.06-7669-5355 FAX.06-7669-5354
株式会社日本演出
内装仕上げ工事業 国土交通大臣 許可(般―24) 第24523号
Copyright © 2006-2016 株式会社日本演出 All Rights Reserved.