アンティーク雑貨陳列什器用 曲げガラス&ハカマ部分製作 - 曲げガラスを使った上品なフォルムのショーケース|ショーケース(店舗什器/展示会什器)の製作なら賑わいシゴト
店舗づくりに関わる業者検索サイト「賑わいシゴト」
誰に依頼すれば良いのかわからないを解決!
デザイン・設計・デコレーション・セールスプロモーション
イベント・施工・制作・製造・商品開発・店舗運営など
「賑わい」や「お店づくり」に関わるあらゆるシゴト(仕事)を
シゴト記事からプロを探してお見積依頼や相談が出来る便利サイト
検索~依頼の流れ 掲載~受注の流れ
シゴトを依頼したい
パートナー探しをコーディネーターに依頼
パートナーをシゴトから探す
パートナーを最新記事から探す
新規会員登録
シゴトを受注したい
パートナーログイン
新規パートナー登録
賑わいシゴトTOP > シゴトから探す > 店舗什器/展示会什器 > ショーケース > アンティーク雑貨陳列什器用 曲げガラス&ハカマ部分製作 

アンティーク雑貨陳列什器用 曲げガラス&ハカマ部分製作
曲げガラスを使った上品なフォルムのショーケース

記事コード:531
アンティーク雑貨陳列什器用 曲げガラス&ハカマ部分製作 - 曲げガラスを使った上品なフォルムのショーケース

アンティークショップのブランド性や独自性をアピールする、メインのディスプレイ什器のガラス部分を製作。強いRのかかったガラスが、高級感とオリジナリティを表現しています。木材、金物、照明との兼ね合いにも注目です。
【問合せはこちら】
【商品・数量】曲げガラス&ハカマセット 計42枚
【素材】透明ガラス、ステンレス(ハカマ部分)
【金額】約600,000円
【納期】約1か月


  (200)

クライアントの要望 -アンティークショップに馴染むガラスケースをつくってほしい!-

 ご依頼いただいたのは、雑貨陳列什器のガラス部分製作です。
 アンティークショップが新規出店するとのこと。メイン什器として設置されるものとして、先出しで意匠図(※1)をいただきました。

 店内には、世界中から集められたヴィンテージアクセサリーや雑貨が並びます。ターゲットは大人の女性というのもあってか、意匠図には高級感あふれる店舗イメージが描かれていました。ブランドのオリジナリティや特別感を表現するため、什器などすべてを特注にて製作したいとのことでした。

 コンセプトカラーはブラックとゴールドです。特にゴールドは、最近流行りの古美色(※2)や艶消しなどの落ち着いたものではなく、敢えてメッキを使い磨き上げられたきらびやかなものがご希望でした。

 棚什器はガラスをふんだんに使ったショーケースのようなイメージです。特筆すべきはガラスに曲面が用いられていること。「曲面ガラスを使ったショーケース」というと、食品ショーケース(ケーキ屋さんのイメージです)を思い浮かべてしまいがちですが、今回は敢えて上品な雑貨の陳列に使用するそう。このアイデアには驚きましたし、とても面白いと感じましたね。


※1 意匠図……大きさや素材、加工方法など、完成品のイメージをまとめた簡易的な図面やマンガ絵のこと
※2 古美色……金属表面を変色させて黒色や褐色などを出し、敢えて古くみせる処理のこと。

要望に対する提案~受注まで -Rの決定と細かい設計を詰める-

 オリジナリティ溢れる新しい、魅力的なモノをつくるとなると、がぜんワクワクしてくるもの。とはいえ、意匠図のままでは製作に当たれません。細かい寸法を、木工、金物、照明などとの兼ね合いを考えながら詰めていきます。ショーケース部分に当たる曲げガラスとそのハカマ部分(※1)を担当することになりました。

 ショーケースは商品の入替えができるよう、スライドして開閉できる構造にする必要がありました。一般的な棚は引き戸部分のみをスライドしますが、今回のショーケースは引き戸が上部と一体化しているため、全てがスライドする点が特徴的です。
 外側のガラスと、内側のガラスのR(※2)は寸法が異なるものになります。その角度が何より重要。前後のガラスが最も美しいバランスで配置されるよう、精密に角度を割り出していきます。外側のガラスが173R、内側のガラスが145Rでの製作となりました。また、サイズは外側のガラスが天板部219×正面部分185.5mm、内側のガラスが天板部分189×正面部分174mmに決定しました。

※1 ハカマ部分……ショーケースなどの引き戸下部についている金属製フレーム
※2 R(アール)……弧の曲がり具合を、円の半径で示すもの。例えば、今回の「173R」は半径173mmの円の弧の曲がり具合を指す。

受注~納品まで -透明ガラスを使った加工/異素材との組み合わせ・組み立て-

 今回は純度の高い透明ガラスを使用します。低反射ガラスやUVカットガラスなど、様々なガラスの取り扱いがありますが、曲げなどの加工に強い透明ガラスを使うことになりました。Rがきついため、加工の際の熱に耐えられる最小値・5mm厚のガラスを使用します。
 曲げガラスは、金物でつくった型を使って製作していきます。ガラスに熱を加え、型に沿ってガラスの自重で曲げ、融点が近づいたところで徐冷(※1)していきます。この過程を踏んで曲げガラスが完成。納期が押しており、3、4週間で42枚のガラスを加工しなければなりませんでしたが、なにより精密さが重要な作業。クオリティを無視するのは以ての外です。一枚一枚、精度を重視しながらの製作となりました。ハカマ部分は、什器の他の金属部分と同じく、ステンレスのヘアライン加工(※2)が施されているものに金メッキ加工。シリコンで曲げガラスと接合しました。什器側面の、かまぼこ型のガラス部分も製作し、なんとか搬入にこぎつけました。

 ガラス、木材、金属、照明、様々な異素材が組み合わさった什器。重量も大きいため現地での組み立てです。曲げガラス部分はショーケース区切り目の金属との兼ね合いが一番大きなポイントでした。ガラスだけいくら精密につくっても、他の部材との兼ね合いがうまくいかなくてはどうにもなりません。ですから現地での組み立て作業は、いつもドキドキしますね。数か所、修正が必要な部分がありましたが、工場や現場ですぐに対応することが出来ました。緊急事態に強いのも、長年培ってきたノウハウが活きているのかなと思います。
 ショーケースの鍵部分の穴は現地で兼ね合いをみながら加工。側面のガラスはシリコンで留め、什器が完成しました。

※1 徐冷……目標温度まで、ゆっくりと冷却すること
※2 ヘアライン加工……単一方向に髪の毛ほどの細かいキズをつける金属表面加工

納品後の経過

 納品後、店舗は無事オープン。高級感のある店内は盛況とのことです。店舗のメインに据えられたショーケースをのぞき込むお客様はとても楽しそうでした。
 独特のアイデアを実現するおシゴト。ガラスをどう使うか?様々なアイディアや刺激を、一緒にシゴトする人たちから吸収できた事例だったなと思います。

シゴトの転用性


 今回のように、木や金物の組み合わせ、キャビネットやディスプレイ什器を製作することが可能です。逆に、敢えてフレームを使わず、ガラスのみでディスプレイボックスをつくることも出来ますよ。低反射ガラスやUVカットガラスなど、様々な種類の加工に対応しておりますので、ディスプレイするモノをご相談いただければ、展示物に適したガラスをご提案致します。
 また、ディスプレイケースを照明で照らし、さらに展示物を引き立てることもできます。ラインライトを這わせたり、スポットライトを当てたりすることで展示物を美しく魅せることができます。

 ディスプレイ什器をはじめ、ガラスを使った什器はその他にも。
 ガラスは照明との相性もいいんです。光床に強化ガラスを使用したり、フロストガラス(擦りガラス)に光を当てたりするなどして、様々な雰囲気を演出することが出来ます。→「ハイブランド靴屋ガラス什器納品事例」
 店内の什器をガラスで揃え、店内を統一感のある雰囲気にするのもいいですね。→「大量発注に対応!特注大型ガラス什器製作」
 ガラスの什器というと、高級店を思わせがちですが、使い方次第で様々な世界観を描き出せます。こんな形はどうだろう?アイディアがある方はまずご連絡いただければと思います。

納品物詳細

曲げガラス&ハカマセット 計42枚
【素材】透明ガラス、ステンレス(ハカマ部分)

製作期間(受注~納品・設置まで)

打ち合わせ 3回程度
↓メール、電話等でやりとり
図面決定、製作開始
↓約1か月
設置、納品

金額

ガラス+ハカマ部分 ×6台
約600,000円

製作年月日

2017年春

実施・設置場所

アンティークショップ テナント店(関東)

Writer’s Eye

様々な異素材が組み合わさった什器。ガラスはシンプルな曲げ加工ながら、存在感抜群です!(守屋)
当記事に関連するカタログ・WEB商品(賑わい創りの道具や取扱商品)
ガラスケース特注
ガラスケースは幅広いシーンで利用される什器です。シーンによって使いやすいガラスケースになるよう、特 注・オーダーメイドをお承りしております。
ショーケース・コレクションケース・ガラスケース
宝石・ジュエリーやフィギュアやアンティーク品などを陳列するのに適したガラスケース。店舗 販売用の陳列ケースとしての使用に加えコレクションの飾り棚としてもお使いいただけます。ガ ラスショーケースのオーダーメイドも可能です。防犯機能もある鍵付きもございます。
フレームレスガラスケース
フレームが無いので、中の展示物が見やすい、ガラスケースです。
ガラスの種類、腰部、ステージカラー が選べるので、オリジナルのディスプレイ什器が製作できます。
高級感溢れる仕様から、アンティーク調 やビンテージ風まで、様々なイメージに対応できます。
店舗什器
店舗のメイン陳列什器であるティスプレイテーブルやハンガーラックや陳列棚、ワゴンや販売台などを販売し ております。ディスプレイシェルフなど木製やスチール製など種類も豊富でディスプレイ棚のオーダーメイド 製作も可能。什器のことならお任せください!
この記事のシゴトは
当サイト運営会社「株式会社日本演出」自身が承ります。
シゴトのご依頼方法はこちら
お問い合わせフォームからご依頼
弊社営業担当よりお電話さしあげます。※必要に応じてお打ち合わせに伺います(地域による)
記事内容に近いシゴト・関連したシゴトも、ぜひお問い合わせください。
この記事のシゴトは
当サイト運営会社「株式会社日本演出」自身が承ります。
シゴトのご依頼方法はこちら
お問い合わせフォームからご依頼
弊社営業担当よりお電話さしあげます。※必要に応じてお打ち合わせに伺います(地域による)

記事内容に近いシゴト・関連したシゴトも、ぜひお問い合わせください。
このシゴトの他の記事
  • ジュエリーの魅力を最大限に引き出す、高級感のあるガラス什器宝飾店ディスプレイ什器美しいジュエリーには、それを惹き立てる重厚な什器が必要。金物と組み合わせて製作されたテーブル什器とボックス什器が、高級感のある空間を演出します。ガラスメーカーによる丁寧なおシゴトをご紹介。【問合せはこちら】
    【商品・数量】楕円型テーブル什器×1 ハイケース×2【素材】ガラス、金物【金額】1,800,000~1,950,000円【納品期間】(図面作成~納品)5か月
    ガラス製CD陳列什器製作事例依頼を実現するために重要なのは「計算」。大型ガラスの正確な加工、現場の状況(床の角度や、他の建材との兼ね合いなど)の把握、そして、現場の人々を動かすタイムスケジューリング……。大型の円形什器をガラスで手掛けます。【問合せはこちら】
    【商品・数量】ガラス製大型什器×1台、ショーウィンドー【素材】透明ガラス(10mm厚)【金額】約220万円(設計・施工)【納期期間】約2か月
    ハイブランド靴屋ガラス什器納品事例高級靴店ガラス什器製作光との相性がよいガラス素材。石や金物など他の建材と組み合わせながら店舗環境をデザインする、ガラスメーカーの製作・施工事例。【問合せはこちら】
    【商品・数量】特注フルカラープリントベルトパーテーション×20本【素材】本体:スチール(黒色)ベルト部分:シルク印刷【参考価格】27,000円/本【納期期間】1か月
    雑貨店特注什器製作&レイアウトデザイン秋葉原で人気の鉄道模型店が客層の多角化に合わせ、増床・フルリニューアル。従来のイメージからの大幅チェンジ。貴重で上質な商品をしっかりと伝えたい、との思いに特注什器とレイアウト提案でお応えします!
    【商品】特注色スチール棚什器、アンティーク風レジカウンター、特注ガラスショーケース【素材】スチール(棚什器) 木材、シャビーシック調加工(レジ台カウンター) ガラス、アルミフレームアルマイト仕上げ(ガラス什器)【金額】お気軽にお問い合わせください。【納期期間】約1か月
    大量発注に対応!特注大型ガラス什器製作アパレル大型ガラス什器製作アパレルショップの什器を総てガラスで製作。棚、コの字テーブル、カウンター……。千数百枚を超えるガラスを用いて造り上げた什器の数々は圧巻です。ガラスの加工技術はさることながら、膨大な数の指示書を納期内に捌くためのタイムスケジューリングなど、表からは見えない影の努力にも注目です。
    【商品】棚什器、コの字テーブル、カウンター(ガラス製)【素材】グリーンラルガラス【金額】ガラス什器製作、設置 3,450万円程度※造作別途【納期期間】約2か月

賑わい創りの道具や
賑わい.com

株式会社日本演出
「賑わいシゴト」および「賑わい.com」は株式会社日本演出が運営しています。
株式会社日本演出 Pマーク
特定商取引表示個人情報保護方針
当社における個人情報の取扱いについて
当社が保有する開示対象個人情報について
内装仕上げ工事業 国土交通大臣 許可(般―24) 第24523号
Copyright © 2006-2018 株式会社日本演出 All Rights Reserved.
会社概要
特定商取引表示
口座開設について
個人情報保護方針
採用情報
お問い合わせ
当社における個人情報の取扱いについて
当社が保有する開示対象個人情報について
株式会社日本演出
「賑わいシゴト」および「賑わい.com」は株式会社日本演出が運営しています。
株式会社日本演出
内装仕上げ工事業 国土交通大臣 許可(般―24) 第24523号
Copyright © 2006-2018 株式会社日本演出 All Rights Reserved.